気候変動―フェアモント ホテル&リゾート―フェアモント

気候変動

世界各地の様々な美しいロケーションに位置する、フェアモント ホテル&リゾート。フェアモントの施設は現地の土地およびコミュニティとの深いつながりによって誕生しました。 旅行先の健康状態は旅行業界をリードするフェアモントにとって重要です。フェアモントでは、お客様や従業員の休暇、生活、娯楽の場を改善する努力を惜しみません。 フェアモントは、環境問題が引き起こすビジネスへの影響を熟知しており(例として、スキーリゾートでの降雪量の減少、トルネードやハリケーンに代表される悪天候など)、二酸化炭素の排出量を積極的に削減し、地球温暖化の影響の緩和に努めております。

フェアモントは環境保護の分野で常にホテル業界の第一線を走り、地球に影響を与える問題の解決に積極的に取り組んでおります。 フェアモントは地球温暖化による深刻なダメージを解消するため、環境保護に関するプログムを通じて、気候変動への意識を高める活動に取り組んでおります。

フェアモントの約束
環境保護に関するプログラムを通じて気候変動への意識を高めるため、フェアモントはWWFと提携し、気候変動戦略に取り組んでおります。

WWFの地球温暖化防止プログラムの一環として、フェアモントは国連の協定に従って二酸化炭素の排出量を測定。2006年度の温室効果ガス排出量の20%を2013年までに削減するという組織全体の目標を設定しました。

20%の二酸化炭素排出量を削減することは、174,775バレルの石油の燃焼および1,004台のタンク車相当のガソリン消費を防ぐことができ、毎年19,777台の車を道路から削除するのと同様の効果があります。

 

エネルギーおよび炭素管理プログラム 
二酸化炭素排出量の効果的な測定と削減に向け、フェアモントは新しいエネルギーおよび炭素管理プログラムを実施しています。ホテル運営の拡大とホテルの新規開業に際し、新規オープンホテルのエネルギーおよび炭素管理プログラムへの参加、温室効果ガス(GHG)排出削減に向けた取り組みを実施します。

エネルギーおよび炭素管理プログラムは、日常の活動で排出される温室効果ガス(GHG)の情報を追跡し、一定の計測基準に基づいて監視できる体制を各ホテルと個々のスタッフに提供します。こうした情報は、世界的レベルおよび各ホテルレベルで、プログラムの進捗状況を報告するために使用されます。

エネルギーおよび炭素管理プログラムは、各ホテルの技術・運営部門と環境チームの努力によって実施されています。エネルギー消費データの分析はコーポレートオフィスで行いますが、当プログラムが効果を発揮するには各ホテルの個々のスタッフによるサポートが重要です。エネルギーおよび炭素管理プログラムによりエネルギー効率が向上し、ひいては純利益に直結するコスト削減につながることと確信しています。

 

     

 

フェアモントの使命の強化
フェアモントは温室効果ガス排出量を算出するため、2006年度排出レベルの53施設を対象にスコープ1(直接放出)およびスコープ2(電力消費)の排出量を測定しました。

フェアモントは自然エネルギーの再利用、従業員および業者への環境保護活動の促進、環境保護に意欲的な外部団体との情報交換を通じ、効率的なエネルギーの活用を各地のホテルで実践し続けます。

二酸化炭素の削減を達成するため、フェアモントでは以下の活動に取り組んでおります:

  • 現在の設計および建設基準を改め、2011年末までに建造物の環境配慮基準、LEEDを取り入れます。
  • 2009年末までにグリーン調達基準とサプライヤー行動規範の策定を完了します。
  • 2010年末までに、サプライチェーンの約25%を占める大手サプライヤーの啓蒙に努め、グリーン調達基準とサプライヤー行動規範に準拠した製品の供給を促します。
  • 当ブランド全体にわたり、LEED認証を取得した持続可能なホテルづくりに努めてまいります。
  • 2011年を目標に、カナダのトロントに所在するフェアモント ホテル&リゾートのコーポレートオフィスをLEED-NCのゴールド認証を取得しているビルへ移転します。


ダウンロードは以下をクリックしてください: 
ファクトシート(PDF)
プレスリリース(PDF)

詳細につきましては、www.panda.org/climatesaversをご覧いただくか、以下のロゴをクリックしてください。

© Copyright 2014 フェアモント ラッフルズ ホテルズ インターナショナル(FRHI)All rights reserved.