エネルギーの保全―フェアモント ホテル&リゾート―フェアモント

エネルギーの保全

エネルギー生産にかかるコストは最終的な収益に多大な影響を与えるため、省エネルギーに関する問題は日々深刻化しています。地球温暖化は、温室効果ガス排出の主な原因である、エネルギー生成が最大の原因です。照明、暖房、冷房を含むエネルギー生産は、ホテルにとって主要な経費です。

フェアモントは省エネルギー照明のほか、グリーン電力の購入、コジェネレーション、アップグレード機器など、最新テクノロジーを駆使したエネルギーの節約に取り組んでおります。また、フェアモントはリニューアブル エネルギー証書を購入し、国際温室効果ガス協定に従って二酸化炭素排出量の測定プロセスを開始しました。フェアモントは温室効果ガス排出量の目標を達成するため、WWFカナダの国際地球温暖化防止プログラムに取り組んでおります。現在、フェアモントは二酸化炭素排出量の水準を満たしております。

エネルギー効率の測定と管理

フェアモントは全施設にて、エネルギーの消費削減を目指しております。2006、カナダ国内にあるすべてのフェアモント施設は、エネルギー節約のためのエネルギー審査を受けました。その結果、エネルギーの節約が必要な300以上のプロジェクトが判明しました。審査終了後、フェアモントは外部のコンサルタントに依頼し、各プロジェクトのコストおよび具体的なエネルギー消費量を調査しました。審査はフェアモントのエンジニアスタッフにとって、エネルギーの節約を実践する絶好のチャンスとなりました。

さらに、アメリカ国内のフェアモント全施設は、米国EPAのエナジースター パフォーマンス レーティング システムに加入。アメリカ国内の同等ホテルと比較したエネルギー消費量を1~100の点数で評価するシステムです。任意で参加できるエナジースターは、地球温暖化の原因となる公害を削減しながら、経済的な利益を促進するビジネス専用のEPAプログラムです。エネルギー消費量の測定後、評価された施設は水準を目指して修正されるほか、エナジースターの戦略法に基づいたエネルギー消費量の改善プランを導入し、エナジースターとフェアモントのパートナーシップおよび業績についてお客様やスタッフを教育する規定となっております。

以下に、各ホテルにおける現在までの成功事例についてご紹介いたします。

The Fairmont Sonoma Mission Inn & Spa(ザ フェアモント ソノマ ミッション イン&スパ)
2006年12月1日、当ホテルでは照明の改良を完了しました。4440個の電球を省エネルギー型蛍光灯と交換しました。その結果、203, 000kWh以上の節電となり、年間で61,000ドルの電気代を削減しました。この改良によって、二酸化炭素の大気圏への放出を143,864kg抑えることができます。

The Fairmont Chateau Lake Louise, Alberta, Canada(ザ フェアモント シャトー レイク ルイーズ、アルバータ、カナダ)
The Fairmont Chateau Lake Louise(ザ フェアモント シャトー レイク ルイーズ)は、1999年よりカナダ政府のエコロゴ認証を受けたカナダ水力発電開発会社との合意を通じて、グリーン電力を購入しています。現在、同ホテルの必要電力の50パーセントを風力発電と河川の水流を利用した発電でまかなっています。グリーン電力は、環境への影響を最小限に抑え、従来の発電方法に比べ温室効果ガスの排出が少ないのが特徴です。

The Fairmont Waterfront, Vancouver, Canada(ザ フェアモント ウォーターフロント、バンクーバー、カナダ)
同ホテルは熱回収システムを導入し、施設内の温水タンクから排出される凝縮熱を回収して上水道水の予熱に利用しています。この処理により、年間およそ305,380kWh(1,100GJ)の節電となります。これはカナダの一般的な大きさの住宅約7軒に供給できる電力に相当します。

The Fairmont Winnipeg, Manitoba, Canada(ザ フェアモント ウィニペグ、マニトバ、カナダ)
2007年、The Fairmont Winnipeg(ザ フェアモント ウィニペグ)はホテルの照明すべてを省エネルギー型のオプションに交換しました。マニトバ ハイドロによると、交換により年間882,000kWhを超える節電となる見込みで、これは一般的な住宅327軒分の必要電力に相当します。年間でおよそ44,000ドルのコストを削減できます。同ホテルにおいて60と100W電球の交換が完了した結果、電球1,314個が廃棄されずに健康科学センターへ寄付されました。

© Copyright 2014 フェアモント ラッフルズ ホテルズ インターナショナル(FRHI)All rights reserved.