持続可能な設計と建設

フェアモント ホテル&リゾートは、環境保護と持続可能な社会の発展に取り組んでおります。この献身的取り組みの一環として、当社は提携パートナー(開発者、建築家、技師、経営者)の仕事を効率化する実績ベースの総合的基準を設け、最先端、持続可能、そして利益性の高いフェアモントブランド運営を実現します。

当社は法的な条件となる前の段階で環境に優しい建物やデザインを支持、奨励しており、経済的観点からだけではなく、環境保護および倫理的アプローチの視点からも持続可能性を保証いたします。各国の環境法や建設に関する法律が総合的な建設の基盤となります。当ホテルが提案するプログラムは、毎日のビジネス運営を通し、「設計と建設」の指針と持続可能性に関する標準を規定します。

「設計と建設およびFF&E設計基準」は、米国グリーンビルディング協会の現行版Leadership in Energy and Environmental Design (LEED)を含む国内で認識された評価システムや、その他数多くの国際的に認知された環境評価基準(例:BREEAM、CASBEE、Estidama、Green Star、Three Star、SBAT)を使って、実践される設計を環境および持続可能性の視点から対処します。

当社の設計や建設の過程で環境を配慮することで、従業員、お客様、地域コミュニティにとってより優れたホテル環境の実現を目指しております。このような配慮は、新しい開発および改築プロジェクトの両方において、プロジェクトの概念設計から実際のプロジェクトの導入・オープニングまでの間ずっと必要です。当社の基準は、当社ブランドの持続可能な設計、建設、運営について関係者に効率的かつ積極的に通知・案内し、業界で認定された実践と革新的な新しいコンセプトのバランスを維持しています。

例として、Fairmont Pittsburgh(フェアモント ピッツバーグ)ホテルのLEEDゴールド認証があります。