Your browser does not support frames.

歴史:グリーンパートナーシッププログラム(1990年~2013年)

fgp-logo

およそ20年にわたり、フェアモント ホテル&リゾートは責任ある観光においてグローバルリーダー的役割を果たしてきました。この間、当社は、受賞歴のあるグリーンパートナーシッププログラムや、ホテルレベルで進めた数多くの活動・取り組みを通して、地球への影響を最小限に抑えるための努力を行ってまいりました。世界的な成長とともに、プログラムを見直し、次の段階へ発展させ、環境問題に加えて社会・経済問題も包括する必要が出てきました。

2013年の初め、フェアモント ホテル&リゾートはフェアモント持続可能性パートナーシップを導入し、再び水準レベルを引き上げました。新しいプログラムは、その領域を拡大し、より総合的なアプローチを採用。当社の経済・環境・社会面での優先事項において、より優れたバランスを実現しています。

歴史
フェアモント ホテル&リゾートは、現地の土地およびコミュニティとの深いつながりによって誕生しました。1990年、カナダに所在する当ホテルがグリーンパートナーシッププログラムを開始しました。これは、当ホテルが地球に与える影響を最小限にするための包括的なプログラムであり、ホテル業界における持続的な運営に関する最良の事例についてのガイドブックも作成しています。この環境保護に関する指針は、当ホテルの中心的価値観へと発展しました。

フェアモントのグリーンパートナーシッププログラムを通じて、お客様にご満足いただけ、さらにお客様の期待を超える持続可能な、環境に優しいホテル運営を行うことができます。同プログラムは、各ホテルにおける廃棄物管理、省エネルギー、水の保全に関する取り組みの改善、地元団体や提携企業と共に行う先進的なコミュニティ アウトリーチ プログラムの実施などを目的としています。

ホテルレベルのグリーンチームによるグリーンパートナーシッププログラムは、リサイクルからホテルキッチンの有機廃棄物の転用、省エネルギーの照明への改良など、多岐にわたる環境に優しいリゾートの持続可能な運営に対する取り組みをサポートしました。また、必要とする方々への日用品や食料品の配給、グリーン電力の購入、持続的なエネルギー技術の導入なども行いました。

エコ イノベーション シグネチャー プロジェクト(現在のフェアモントCAREプログラム)には、「地球規模で考え、足元から行動する」当ホテルの取り組みに重点を置いて計画されました。こうしたプロジェクトでは、お客様に双方向の体験で学びを得られるユニークなご旅行の機会をご提供しました。カリフォルニアでのクリーンエア アウェアネス プロジェクト、ハワイでのサンゴ礁保全活動、タイセイヨウセミクジラ、ハヤブサ、ウミガメなどの絶滅危惧種を保護する世界的な取り組みなどが、プロジェクトの一例です。また、グリーンパートナーシッププログラムでは、森林や河川の保全、緑地や遊歩道の整備なども行いました。エコ イノベーション シグネチャー プロジェクトは今でも存在しますが、現在はフェアモントCAREプログラムへと発展しました。

これまでフェアモントは、アメリカ合衆国環境保護庁(ENERGY STAR®プログラム)、カナダホテル協会(グリーンキー環境評価プログラム)、適切な開発を提唱しているペンビナ研究所などの提携団体や協会とともに活動する機会に恵まれました。フェアモントはExpedia®と国連財団が共同で設立した業界を牽引する取り組み、ワールドへリテージアライアンスに加盟しました。この取り組みは、環境に配慮したツーリズムと世界遺産およびコミュニティに対する認知の促進を目標としています。環境保護に対する当ホテルの努力を強調するだけでなく、フェアモントでの環境に配慮したユニークな体験を広く知っていただき、環境に配慮したツーリズムと責任あるホテル運営に向け努力を続けるフェアモントの理念を分かち合うことに貢献しています。

世界各国で50以上の環境に優しいホテルと23,000の客室を擁するフェアモントは、先進的なプログラムによる前例を活かし、ホテル業界をリードし続けます。フェアモントのグリーンパートナーシッププログラム拡大への確固たる信念が、フェアモント持続可能性パートナーシッププログラムへの発展へとつながりました。現在フェアモント持続可能性パートナーシップは、世界中のフェアモント ホテル&リゾート運営の枠組みを提供しています。

© Copyright 2016 FRHI.All rights reserved.